脳梗塞の危険性を知って予防しましょう~アタマの健康を守る~

女性

胃の構造や原因

空

胃の構造

食べ物を食べると胃の中に一時的に保管されます。この胃の構造についてあまり知られていないので、ここでは胃がんの理解を深めるためにも詳説していきます。胃の周辺臓器は、食道と小腸になります。胃の出口が小腸になるのですが、厳密に言うと、十二指腸です。そこに消化したものが流れていくわけです。胃の内部構造としては、周囲は壁に囲まれていて、胃液や粘液を分泌します。この胃液が摂取した食べ物をおかゆ状に消化してくれます。貯蔵機能と消化機能を併せ持つ胃ががん細胞化したときに胃がんになります。胃がんの状態とは、胃の壁の細胞ががん細胞化することを言うのですが、転移現象があるので、たいていの場合は他の臓器にも波及しています。

原因と症状

胃の壁の細胞ががん化すると、胃がんになるのですが、それでは胃がんの原因は何かということを説明していきます。胃がんの原因は、喫煙と食生活に関係があるとされています。そのため、胃がんのリスクを高めたくなければ、栄養バランスを考えた食生活を送り、喫煙をしないことです。特に、よく指摘されることは塩分の甥食事ばかりを摂取していたり、果物や野菜類を食べないことです。こうした好き嫌いをやめることががん予防に重要なことです。胃がんの症状についてですが、実は自覚症状はありません。症状が出るかどうかは進行状況とは無関係です。つまり、かなり進行していたとしても症状が出ないことがあります。それでも、胃に痛みを感じたり、食欲不振などの症状が出ることがあります。