脳梗塞の危険性を知って予防しましょう~アタマの健康を守る~

医者

女性の多い病気

男性

世田谷のクリニックでは、リウマチ患者がとても多く治療に訪れています。このリウマチとは、手足の関節が炎症を起こして、ひどく痛む症状です。関節が変形して歩けなくなることもあるので、早期の治療がとても大切です。

View Detail

胃の構造や原因

空

胃の周りは壁に覆われているのですが、この覆われている壁の細胞ががん化することで胃がんになります。原因は、塩分の多い食生活や喫煙などが最も多いです。症状としては、自覚症状はほとんどありませんが、胃の痛みや食欲不振が挙げられます。

View Detail

放射線照射で脳を治療

医者

脳動静脈奇形は胎児のときに脳内の血管の発達がうまくいかずに異常な血管の塊が残ってしまう先天性の病気です。この塊が破裂して出血すると障害が残ったり命に関わったりする危険があります。治療法には外科手術や、ガンマナイフ・サイバーナイフなどを用いた放射線治療があります。

View Detail

未然に予防できる病気

病院

身近になっている病気

日常生活の中でストレスなく毎日を過ごせる人はいません。近年は孤立社会と言われており、お年寄が孤独死したというニュースをよく耳にするようになりました。一人暮らしや一人で過ごす時間が多いと、食事を抜いたり、または逆に食べ過ぎてしまったりと、偏食になりがちです。必要以外の外出も避けてしまうようになるかもしれません。外出してもバスやタクシーなどに乗ればよいので、体を動かすことも少なくなります。このような生活を送っていると生活習慣病になってしまいます。動脈硬化が進み、脳の動脈が詰まることによって脳梗塞になってしまうのです。食習慣の変化や運動不足などの生活習慣により、脳梗塞は誰でも陥りやすい病気になっています。

後遺症が残らないために

脳梗塞になったら、一刻も早く専門医のいる病院へ運んでもらい、診断をしてもらうことが重要です。診断が遅れると、さまざまな障害が身体に現れます。意識障害や体の麻痺、感覚障害だけでなく、言語障害も脳梗塞の典型的な症状になります。そのほか、物忘れや目が見えにくくなるなど、一人で生活することが困難になってしまうような症状があります。初期の段階で脳梗塞の治療ができれば、寝たきりの生活を回避し、社会復帰をすることも可能です。その後は、再発防止のためにお薬を飲むなどの予防が大切です。医師と相談して、生活習慣を改善することが一番の予防になります。脳梗塞になってしまった時に治療が遅れないように、あらかじめどこの病院にするか決めておくと安心です。